今の保険に満足していますか?

あなたは生命保険に加入していますか?
日本人は保険への加入率が高いですから、多くの方が保険に加入し、保険料を支払っているでしょう。
しかし、誰もが今の保険に満足しているというわけではないと思います。
月々の保険料負担が大きいと感じていたり、保障内容に不安を抱いている方も多いのではないでしょうか?

 

少しでも保険に疑問を感じたら、保険を見直す絶好の機会かもしれません。タイミングを逃してしまうと、思わぬ病気を発症し新規の保険に加入できなくなったり、年齢条件に合わず加入を断られる可能性も出てきます。
タイミングを計らなくても、人生の転機に合わせて保険を見直さなければならない場合もあります。
最も多いのが結婚と子供の誕生です。独身時代は自分の保障だけを考えれば良かったのですが、結婚するとパートナーのことも考えなければなりません。万一自分が入院することになっても、パートナーに負担を掛けないように保険で備えておく必要があります。
また、子供が生まれたら子供の保障も付けなければなりませんし、保障も手厚くしたいですね。
しかし、保険料が家計を圧迫してしまっては困ります。保障を充実させながら保険料負担を上げないように、さまざまな保険商品の中から最適な保険を見つけましょう。

 

一生に一度の大きな買い物というとマイホームになりますが、保険はその次にくる大きな買い物と言われています。失敗しないためにも、慎重に進めることが大切です。

 

 

では、実際に今加入している生命保険をチェックしてみましょう。
生命保険はパッケージ保険と呼ばれたり抱き合わせ保険と呼ばれることがありますが、呼び方は違っても中身は同じです。
つまり、保障が一つになっているのではなく、いくつかの保障を組み合わせて作った保険のことを言います。さまざまな特約を付けることができるようになっていますから、一つの保険で十分目的を果たせることになります。
保障を一つにまとめることができないと、複数の保険を契約しなければならならなくなりますから効率的ではありません。一つの契約に全て含んでいれば管理もしやすいですね。

 

しかし、このようなパッケージ型の保険では、気を付けなければならないことがあります。もし定期付終身保険に加入していた場合、定期が特約となり終身保険が保険の本体部分となります。特約を付けることで保険料を安く抑えられますが、別の特約も付けることが多く、保険料は結局高くなってしまうのです。
また、特約部分は更新になる場合があります。特約の契約期間が満了すれば更新が必要ですが、年齢は上がっていく一方ですから保険料も高くなってしまいます。
保険を契約する際に説明は受けたはずですが、理解せず勧められるまま契約してしまったり、忘れてしまったということもあるでしょう。パッケージ保険に関して疑問をお持ちの方は、一度保険相談窓口を利用するか保険会社の外交員に相談してみましょう。

 

冷え性を改善するサプリ